大事な愛車にまつわるエトセトラ〜感動編

高速道路でドライブしていた時に

車2台で前と後ろで、海に向けてドライブしていたときのことですが、そのとき高速道路に乗っていました。
ここで非常に危険なことがあったわけですが、急に前方で信号があって、前の車が停車したときのことです。
ほんの1秒でもタイミングがずれていたら、前の車に追突事故を起こすところでした。
キーッというブレーキで、ギリギリのところで、そしてギリギリセーフでした。
これには本当にびっくりして、とっさのハンドルさばきとブレーキになりましたが、本当に間一髪助かりました。
ここで事故していたら、海どころではなかったと思います。
しかし、驚いたのはとくに運転手で、助手席や前の車に乗車している者にとっては、ぽかーんとして笑うしかないという状態のようでした。
高速道路に乗るときは、本当に注意しなければいけないなぁと思います。
今回の件では出口の問題です。
どこで普通の道路に切り替わるか、あらかじめわかっていたほうが安全かもしれません。
それは走っていたらわかるかもしれませんが、高速道路を走っているときはある程度スピードが出ていて前の車と車間距離があったとしても、前の車がゆるりと停まった場合、後ろの車も即座に停車しようと反応しなければ車は急に停まれないから、ぶつかるリスクが出てきます。
前の車のさらに前のほうまで見渡せないポイントがあるときがあります。
そういうとき危ないです。
前の車がゆるりとなったことで反応する、というときにはよく注意しなければいけません。

 

車の不具合について

 

今乗っている軽自動車を購入したのは、四年ほど前のことです。

 

それ以前も軽自動車に乗っていて、およそ十年ぐらい乗り続けていました。

 

しかし当然のように経年劣化もあって、様々な箇所に不具合が出てきていました。

 

その中でも最も気になっていたのは、パワーの不足です。

 

一人で乗っているときはそれほど感じなかったのですが、妻と子供二人を乗せて走っていると、明らかに動きが重たい気がしていました。

 

自宅から近い場所によく車で通る急坂があるのですが、特にそこを上るときは、車が止まってしまわないかと不安を感じることが多かったのです。

 

そこで、さすがに不便だと思うようになり、十年ほど乗っていたため愛着もありましたが、新しい車を買おうと決心しました。

 

特にパワー面に不安を感じての買い替えでしたので、排気量の大きい車も検討したのですが、経済的な制約もあって、再び軽自動車を選択することになりました。

 

ただし、以前の軽自動車とは違い、買い替えの際はターボ付きにしたのです。

 

しかしいくらターボ車といえども、軽自動車は軽自動車です。

 

果たして家族四人で乗ったときにどんな動きをするのか、ほんの少しだけですが、私の中にまだ不安がありました。

 

そこで納車されてすぐに、家族に声をかけて、近所の急坂を上ってみようと提案したのです。

 

そしていよいよ急坂に到着し、アクセルを踏み込みました。

 

すると車は力強く加速して、私のほんの少しの不安を吹き飛ばしながら、スムーズに坂を駆け上がっていったのです。

 

急坂を上り終えた後は、そのまま家族でドライブに出かけました。

 

家族全員が笑顔にあふれているのを見て、この車を買って本当に良かったと、私はしみじみ感じたのです。

 

ヴェルファイアの中古を安く買う方法を紹介しています。